読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

結局他人事?

コードとかメモとか雑記とか

Rubyの公式サイトェ…

いろいろ突っ込みどころ見つけたのでまとめる。

一個目

英語版ライセンスが古い。
今最新のRuby's LicenceはNewBSDLとのデュアルライセンスなんだが(配布物にはそう書かれてる)
公式から拾えるライセンスだとGPLとのコンパチって宣言されてる。
ただこれ、1.9.2まではGPLのままなんだよなぁ…
そうでなくても1.9.xは全部変更しても問題なさそうだけど
1.8.xは同梱物の関係上GPLにせざるを得ないという。
http://www.ruby-lang.org/en/LICENSE.txt

二個目

ライセンスの日本語版もあるんだが、これ上の話に加えてエンコードがISO2022JPになっとる。
HTTPヘッダでUTF-8がエンコーディングで指定されてるからなのか、読み込みの初回は確実に文字化けする。
http://www.ruby-lang.org/ja/LICENSE.txt

三個目

公式サイト、英語版はmetaでエンコーディング指定してて日本語版はしてない(HTTPヘッダで指定されてるので問題ないらしい)
「どっちなんだよw」と突っ込みたい。
Ruby Programming Language 英語版
オブジェクト指向スクリプト言語 Ruby 日本語版


とりあえず二個目と三個目はどうにかして欲しいところ。